TOP > Works > No.07 下屋根のある家

芳泉建工からのお知らせ


下屋根のある家 H23.01竣工
一般的にはプロバンス風と呼ばれる南欧風の佇まい住まい。建物の外観イメ-ジによりアルミ製のカーポ-トやサイクルポ-ト他の外構の築造物にも配慮が求められる。日常生活の中で切り離す事の出来ない「外部施設」の一部を建物内に計画・デザインした。
敷地形状を利用した大きな下屋根を出すことで、その軒下空間の利用により美観も損なう事なく解決した。内部はシュ-ズクロ-クのあるエントランスからゆったりとしたLDK。少しずつずらされて配されたリビングとダイニングキッチンには適度な量の壁により空間が分節されていて適度なたまり空間があり、各々の居場所もある。ただ広いのではなく居心地の良い住まいになった。



岡山市南区 芳泉建工施工例
<<前の施工例 <一覧に戻る> 次の施工例>>



  • 岡山市芳泉学区売地
  • 芳泉建工の施工例
  • 芳泉建工のリフォーム施工例
  • 芳泉建工のブログ
  • 家づくりについてのQ&A
  • リフォームについてのQ&A
© 2013-2017 一級建築士事務所(株)芳泉建工 inc.  | HomeConceptNewsWorksReformForSaleGuideQ&AReformProfileContactSite MapLinkPrivacyPolicy